ひろしま版ネウボラと 産後ドゥーラ

4月23日に出産を終えられたママからの情報です。

以前、LEEでもNYで出産された里田まいさんが紹介されていたように、欧米を始め諸外国ではひとつの職業として確立され、多くの方が活躍されている「ドゥーラ」。日本では、一般社団法人ドゥーラ協会が認定する民間資格。助産師、産婦人科医、管理栄養士など専門家のもと70時間以上の実習を受け、試験に合格した方が認定されます。

残念ながら広島で活動されていらしゃる方は現在いらっしゃらないようです。

2017年4月に第二子を出産した、私は広島市から産後ヘルパーさんを

派遣して頂きました。

高齢出産&実家のない私にとって、産後ヘルパーさんの存在は本当に助けとなりました。私のリクエストに応えてくださり、産後の母体に必要な栄養を考えた食事を短時間で作って頂きました。

時に「ママは寝ててもらって良いのですよ」「先週よりも息子さん大きくなりましたね。良い子ね~」と声を掛けて頂き、産後の心と体が癒された事を思い出します。

『必要な人に必要な支援を』

『子育ては個人から社会が支えるものであってほしい』http://attachment-hiroshima.com/2018/04/22/hiroshima-neubola/

アタッチメント 広島支部はそんな思いから活動を続けます。

 

“ひろしま版ネウボラと 産後ドゥーラ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です