皮膚は「心」を持っていた!を読んで

看護師、育児セラピスト、ABMベビーマッサージインストラクター、胎教アドバイザー

何足ものわらじを履きこなす当支部 杉原さんのおすすめ本です。

皮膚が「第二の脳」と言われている事を意識して、

ABMベビーマッサージは行います。

その視点で読んでいくと、

「マッサージなどの触覚の刺激があると、

細胞内でエネルギーをつくり出す重要な役割を持っている

ミトコンドリアの数も増えることまでわかっている」

[皮膚は「心」を持っていた/山口 創著 青春出版社より]

との記述はABMベビーマッサージの皮膚科学の裏付けと言え、

ますます よりたくさんの保育者(父母、祖父母、保育に携わる方)の方に

お伝えしたいと思いました。

親子の触れ合いにおけるオキシトシンの効果については、

ゆっくりと優しくなでることが、母子の関係を安定させるとも

この本には書かれています。

[オキシトシンの効能]

・成長ホルモンを分泌させる

・愛情が深まる 母親は「女性脳」から「母親脳」

          父親は「男性脳」から「父親脳」へ変化

・性格が穏やかになる

・学習や記憶を促す

アタッチメント 広島支部が主催するベビーマッサージ教室では

ベビーマッサージを行うことによりオキシトシン(脳内物質)が増えることを

お話しますが、客観的な著書を引用するとより説得力が増しますね。

根拠をもって、マッサージをしたい!と思われる方におすすめの本です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です