福原愛ちゃんも絶賛の手厚い産後ケア in台湾

5月19日(土)の読売新聞 朝刊の記事を読んで調べてみました。

『世界の働き方』と題した特集記事で、

台湾では産後は1か月休むという風習が、

農業中心だった昔の時代から、病院で休養できるサービスに

形を変えて現代 人気だそうです。

台湾で昨年10月に女児を出産された卓球選手の福原愛さん

の感想がブログに掲載されてますよ(*^_^*)

https://ameblo.jp/fukuhara-ai-blog/entry-12328568908.html

わたしの産院での入院生活ですか!?

振り返りましょうか(*_*)

深夜の授乳室はね・・・カオスですよ・・・

この制度のポイントは セレブでなくても利用できるところですね。

台湾の衛生福利部(厚生労働省に相当)によると、

同サービスの利用者は15年時点で約8万5千人。

提供する施設は201か所で、10年で4倍増に急増したそうです。

この制度のもう一つのポイントは、台湾の人口減少と低い合計特殊出生率。

1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す合計特殊出生率は、

2017年1.125だそうです。(2016年の統計ですが、日本は1.44)

うがった見方をすれば、このぐらい低くなれば、手厚くなるのか!?

台湾では、女性が経済発展の担い手としての役割も期待されているそうです。

国が違っても、女性に『ワークライフバランス』を求めるのね!?

この時期の休息はサボりではなく、

のちのちの母子のアタッチメント(愛着関係)を築く深める上でも、

大切です。

愛ちゃんの記事にも

『一か月間しっかりと休み、たくさん勉強させていただいたお陰で、

ほんの少しだけ自信をもって、自宅に帰る事ができました(*^_^*)』

と書いてありましたよ。

関連記事http://attachment-hiroshima.com/2018/04/25/neubola/

http://attachment-hiroshima.com/2018/05/01/baabanoouchi/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です