男性育休 最短でも1ヶ月 積水ハウス

積水ハウスは26日、男性社員に最短でも1ヶ月の育児休業を与える制度を導入すると発表した。社員の子育てを応援することで、多様な人材の定着や採用につなげたい考えだ。9月1日から制度をスタートし、研修の充実などで対象者全員の取得を目指す。

積水ハウスでは2017年度、子育て中の男性社員の9割以上が育休を取得したが、平均日数は2日間にとどまった。男性が長く休みにくい雰囲気を一掃するため、

「キッズ・ファースト企業」の標語を掲げ、安心して休める風土の醸成を図ることにした。

[2018年7月27日 中国新聞 朝刊掲載]

ちなみに、昨年我が家の夫には約2週間 育休をとってもらいました。

子どもの誕生には手続きや、日常の買い物など、人手が必要です。

銀行に行ってもらったり、支払いの手続きをしてもらったり、この機会に

家庭がどのように回っているのか、知ってもらえて良かったと思っています。

また、夫も含める自分以外の人でもわかる 家庭の仕組みを事前に作っておく良い機会となりました。

胎教体験レッスンアンケート集計結果(導入&実践編)

胎教体験グループレッスンは導入&実践編の受講で完結です。7月9日(導入編)と7月28日(実践編)のアンケートを集計致しましたので、ご参照ください。

[アンケート回収8名様分/一部抜粋]

Q:本日、参加さらた理由

  • 2人目ということで、胎教を何もしていないため
  • 本やインターネットで胎教は大切と聞きますが、実際には何をしたらいいのかを学びたかったため。
  • どのような胎教をしたらいいか学びたかった。
  • 胎教について知りたかったから。
  • 胎教についてより深く勉強したいから。
  • 胎教をしてスムーズに出産できればと思い参加しました。

Q:「胎教」について感じたこと

[A:導入編]

  • 一言で胎教といっても広いですね
  • 赤ちゃんと一緒に成長していくという言葉が響きました。
  • 今音楽を聴いていい?絵本読みしていい?と聞くといいと分かり、実践したいです。色々話しかけてあげたい。
  • 自分と赤ちゃんだけのものではなく周りと一緒にやっていくものなのだと感じました。
  • 毎日、話しかけたり歌を歌ったりしています。ソフロロジー出産の練習をすると、おなかの赤ちゃんも起きます。

[実践編]

  • 気持ち良かったです。
  • ハードル高く頑張らないと!と気負っていましたが、導入編の後楽しむ気持ちで取り組めました。
  • 赤ちゃんがお腹の中で眠っている時は無理に起こしてはいけないのだと分かった。赤ちゃんの体調や気持ちを考えた行動をとりたい。(プレパパ)
  • 陣痛力を高めるためには、スクワットや深呼吸が大切で赤ちゃんが出てくる時、楽に出てこれるように準備したい。(プレママ)

実は7月28日の実践編は開催直前にご夫婦での参加可能と言うアナウンスをさせて頂きました。

それは、まだまだ当支部では試行錯誤の段階で、夫婦参加型の別メニューを作っているところだから。

その中で、上記プレパパの感想を読んで、事務局は 熱い思いになりました。

『この男性、既に夫から父性に目覚めてらっしゃる』

育児セラピストの学びの中で、男性(夫)は子育てを通して、父性を獲得すると言われます。ですから、夫婦参加型の胎教の意義がここにあるな!と気づかせて頂けました。

夫婦参加型『胎教体験レッスン』をご希望の方は事務局までお問合せください。

 

 

 

 

亡くなった子 おなかに残して夜勤 

周産期支援をしている当支部として、この記事は放っておけないと思いました。

本日のYahoo.headlinesにも掲載されていました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00010000-otekomachi-life

妊娠をきっかけに仕事を辞める女性たちがいる。妊娠中の過重な働き方で、体調を崩したり、胎児が危険にさらされたりしたことが理由だ。子どもを産む手前で仕事との両立を断念する女性たち。

「シフトを急に変えるのは難しい。亡くなった子どもを取り出す処置は、次の休みに受けて」

関東地方に住む20歳代の看護師は昨年春、上司の言葉に耳を疑った。勤務の間をぬって受けた妊婦健診で胎児の心音が止まっていると告げられ、慌てて職場に連絡した時のことだった。(中略)

女性はその数か月後、第2子を妊娠した。前回の反省から、上司に強く要望し、夜勤は免除された。だが、同僚からは「妊婦は邪魔」とまで言われ、「気が休まらなかった」。第二子は妊娠5か月で死産。[2018年7月23日 読売新聞掲載記事]

わたしも心当たりがあります。

第一子妊娠時、飛行機や新幹線で国内出張を産休に入るまで続けていました。健診時に主治医から『仕事を休めるよう、一筆書きましょう』と言われました。お腹の張りがあり、胎児の心音も早くなっていた時期です。が、無知なわたしは心の中で『産休に入るまでは何とか任務を全うしたい・・・』と思っていました。なので、主治医には『大丈夫です』と告げ、結果、お腹の張りによる逆子は治らず、予定帝王切開で無事出産しました。

思えば、無事出産にたどり着けたのは、わたしの努力ではなく、胎児の生命力だったのかも・・・周産期支援に関わっている今、思うのはただただ 『無知の怖さ』です。

第5回目となります『胎教アドバイザーによる 胎教体験会~導入編~』

9月3日13:30~開催が決定しました。

妊活中の方、妊娠初期の方、特におすすめです。

詳細日程は後日告知いたします。

 

 

手形アート参加アンケート集計結果

[ 2018年7月28日開催 『海の生き物手形&足型アート教室』 ]

6組参加 アンケート回答7名様

①今回の内容について、満足度を教えてください。

非常によかった(6名)  よかった(1名)

②良かった点、改善点など、ご意見・ご感想をお聞かせください。

  • とてもかわいくできた。かざりをつけるのが楽しかった。
  • 親子で楽しむことが出来夏の思い出がまた1つ増えてとても良かったです。ありがとうございました。
  • 親子の共同作業が楽しくて良かった。
  • 子供の工作のつもりが自分が本気になった。心地良い集中がストレス解消になった。記念の物が出来てうれしい。
  • とてもきれいに手形がとれたので記念になりました。

③講座を何で知りましたか?

ホームページ(2名) 友人・知人の紹介(3名) チラシ・ポスター(1名)/未記入(1名)

初めての教室でいたらない点もあったかと思います。

今後もより素敵な教室になるよう、講師と一緒に事務局も盛り立てていきます。

皆さまのご参加お待ちしております。

 

自宅にすぐにかざれます!『海の生き物手形アート』体験レポート

帰宅後、自宅の廊下の壁に飾りました。手形がバッチリ取れた事と小4の姉が一人で仕上げた事が母の自慢です(*^_^*)

楽しみにしていた宇品の花火大会は台風の影響により、急遽中止。

そんな事も知らずに、黙々とそして楽しく『手形&足型アート教室』体験してきました。

ビッグイベントも良いけれど、

わが子と相談しながら一つの作品を仕上げる「アタッチメント=愛着関係」はとても大切な時間だと感じました。

新資格会員の山下 聖乃アドバイザーが優しく、そして的確にアートのアドバイスをくださいます。きっと『世界にひとつだけのお気に入りアート』が完成しますよ(*^_^*)

小学生でも丁寧に指導し、アートの完成に導いてくださいました。夏休みにぴったりのイベントですね♪
山下アドバイザー『お手製の看板』(*^_^*)QRコードを読み込めば、当支部のホームページにジャンプ!!イベントでチェックしてね。

レポート 『海の生き物手形&足型アート教室』

http://attachment-hiroshima.com/2018/06/26/petapeta-art20180728

手形&足型アートと言うと、赤ちゃんとママのイベントと言うイメージをお持ちではないでしょうか?今回は、生後6ヶ月の女の子とそのママ、そのご姉妹兄弟 はたまた5歳の男の子とそのご両親、と幅広い方にお楽しみ頂けました。

まさに『夏休み 特別企画!』となりました。作品の一部をご紹介します。※掲載許可を頂いております。

山下さんの教室のアピールポイント

  • 手形のスタンプは肌に負担の少ない物を選んでいます。なので、赤ちゃんでも比較的嫌がらずに手・足を拝借できます。そして、手形&足型をとった後も石鹸でごしごし洗うことなく、アート作りにうつる事ができます(ここは他の手形&足型アート教室と違うとわが家は実感しました)
  • 季節のモチーフで世界に一つしかない作品ができます。
  • 0歳児から5歳児程度のお子様とその保護者の方が楽しむ事ができます。
  • きょうだい作品でなくても、アートの仕上げを上のお子様でやって頂く事が可能です(申し込み時要相談)

次回はCLIPさんで 9月8日(土)の開催です。

『トートバック de 手形&足型アート』の予定。次回はあなたのご参加をお待ちしております。

 

[申し込み締め切りました]7月28日胎教&手形アート

アタッチメント広島支部の活動に参加くださる方

ファンになって、各種体験会にご参加くださる方

ファンがチームメイトになって、一緒に運営してくださる方

ありがとうございます(*^_^*)

今後のイベントスケジュールのお知らせ

胎教&手形アートの8月開催予定はございません。

次回は9月で日程調整中です。

参加をご検討中の方体験アンケートをご参考になさってください。

http://attachment-hiroshima.com/2018/04/08/taikyo-describe/

働く女性の割合最高 25~39歳は75%超す 

総務省が13日発表した2017年の就業構造基本調査によると、25~39歳の女性のうち働く人の割合が75.7%と過去最高を更新した。人手不足に拍車がかかるなか、企業が短時間勤務など多様な働き方を認めて、育児世代の女性を採用している。ただ非正規で働く女性の3割超は、税優遇の縮小などを意識して働く時間を調整している実態も浮き彫りになった。[日本経済新聞 2018年7月掲載日不明]

わたしが勤務しているマザーズハローワークでも実感している事。

育児世代、採用意欲映す

マザーズハローワークでは子育て配慮(こどもの行事、急病時に休みがとりやすい、土・日・祝日休み)の求人に特化して情報提供しています。

働き盛りにあたる25~39歳は子育てなどを機に仕事を離れることが多い。前後の世代に比べて有業率が低くなる傾向があった。日本の女性の有業率は「M字カーブ」と言われる。この「M字カーブ」が、2017年調査では育児中の女性の有業率は全ての世代で上昇。総務省は「M字カーブは解消に向かっている」と分析する。

わたしが学生だった、20年以上前からずっとかわっていなかった、この「M字カーブ」に変化が!と思わず、記事にしました(*^_^*)

冒頭に記載の通り、働く女性の3割超は、税優遇の縮小を意識して働く時間を調整しているため、そのあたり詳しく知れるセミナーを開催している場所をご紹介します。

https://jsite.mhlw.go.jp/hiroshima-mother/

https://wakumama.jp/

 

 

 

「自分のペースで」 仕事と育児 起業で両立 

働き方改革が進む中で、転職や起業に踏み切ったり、副業を始めたりする人が増えている。その決断の背景と家族、変わりゆくニッポンの働き方リポートです。

「バリキャリ」卒業

ベビーシッターのマッチングサービスを手がける「ケアファインダー」のウェブサイト。日本語や英語など複数の言語を話すバイリンガル約400人のシッターの自己紹介が並ぶ。

運営するのはモス恵さん(42)。米国人の夫と2人の子供を育てている。

起業のきっかけは、仕事と育児の両立に不安を覚えたことだった。子供が欲しいと思うようになった30歳代後半。当時企業で正社員であったため、仕事を続けながら育児ができるだろうかと考えた。夫は「シッターを雇えばいい」と言う。でも英語を話せるシッターは少ない。悩んでいた頃、妊娠がわかった。

「自分でやれと子供が背中を押してくれている」。2013年に退職し、起業した。

[2018年7月12日(木) 讀賣新聞掲載記事より]

この方、まさしく『ピンチがチャンス』だったのだなとわたしは感じました。

自身の妊娠をきっかけに起業、もしくは起業直後に妊娠発覚!と言う成功者のお話聞きます。育児セラピストとしては、『赤ちゃんがお母さんを選んでやってきてくれたんだな♪』と思います。そしてきっとお母様は『うまれてきてくれて ありがとう』そんな気持ちに自然になられるのではないかと・・・

自身も起業支援会社の経営を手がける、お茶の水大学の横田響子客員准教授は

「自分で働く時間をコントロールできる起業は女性にとっての有力な選択肢になっている」と指摘されています。

< 働き方の有力な選択肢>

わたしも先日初めて、女性のための起業家セミナーなるものに参加しました(#^.^#)本当に多種多様の起業家さんがいらっしゃいます。そして、子育てと同時進行の方も想像以上に多い!

社会と切れ間なく関わっていらっしゃるニッポンの女性素敵です(*^_^*)

[締切間近!]7月28日手形アート教室 残り3席

http://attachment-hiroshima.com/2018/06/26/petapeta-art20180728/

わが家も参加しますから、体験レポ投稿します(*^_^*)

ご参加くださる方でまだ連絡事項を返信頂けてない方へ

  1. お名前
  2. ご住所
  3. お子様の年齢・性別
  4. 緊急連絡用の携帯番号

※2,4は災害時も含める緊急連絡のため必要事項です。

事務局からの個別メールを見られてない方、お手数ですがご回答の程宜しくお願い致します。