手を拭くことが未来を変える『エチケット×タオル』

先日、アタッチメント広島の活動内容の取材がありました。社会人大学院でビジネス・リーダーシップを専攻されるある企業の社長さまからの依頼です。アタッチメント広島の活動について『子育て世代を応援している活動は、テレビに出ている方ばかりでなく、みやがわさんのように地域社会に根ざして地道に活動されている方も大切ですね。大学院の授業で事例紹介として、取り上げさせてください。』と言われました。嬉しかったです。(*^_^*)

わたしの活動は、夢を一つずつ形にし、仲間が増え、アタッチメント広島を頼って下さるママとお子さまがいらっしゃる事で、広がっていき、今現在に至ります。短い時間の中で濃厚にお話させて頂きました。

その方は、広島県リースタオル(http://www.kenlease.co.jp)の代表取締役 田畑 裕生さんです。田畑さんは『広島を元気に』『手を拭くことが未来を変える』=『エチケット×タオル』の普及に力を注がれています。広島県リースタオルさまの取引先である、飲食店を少しでも元気づけよう!、それには本業の『おしぼり』で培われた徹底した衛生管理と人の肌にも環境にもやさしい清拭タオルが一番!!との思いから、エチケットタオルによる新型コロナ対策に取り組まれています。

わたしもこの活動に共感し、わたしができる拡げ方を今、模索中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です