尾道市 子育て相談窓口 第4日曜開所へ

妊娠前から育児までの相談にワンストップで応える尾道市の窓口

「子育て世代包括支援センターぽかぽか」(門田町)が6月から

、平日に加えて第4日曜も開所する。

市総合福祉センター内に2016年4月オープン。助産師や臨床心理士などの

資格を持つ市健康推進課の職員が対応し、専門的な助言や市の助成制度などを

紹介している。これまでは平日だけの対応だったが、

より多くの夫婦たちに利用してもらおうと、第4日曜も開けることにした。

[2018年6月12日 中国新聞朝刊より]

子育てを社会でやろう♪

そのための支援をと、

アタッチメント広島支部では各種体験会を行っております。

実は胎教体験会にも

『夫婦で参加しても良いですか?』と言うご質問を頂いております。

出産は男性にはできませんが、子育ては父性の自主的参加・協力があると

より楽しくなると思います。

だって、家族ですから(*^_^*)

7月9日 胎教体験会は残席8席 フットケアは残席9席です。(6月16日現在)

お申込みお待ちしております。http://attachment-hiroshima.com/2018/06/12/taikyo20180709-2/

http://attachment-hiroshima.com/2018/06/09/20180709footcare/

6月8日開催 アタッチメントベビーマッサージwith フォトの様子

オーストラリア人ママと一緒に来てくれたお姉ちゃんも真剣な眼差しで、持参したお人形さんにマッサージ中(*^_^*)

アタッチメント・ベビーマッサージのインストラクター

事務局のみやがわ ゆみです。

ベビーマッサージ教室は

写真撮影のない自宅でのプライベートレッスンをしておりました。

今回は体験会と言う事で、フォトグラファーの佐々木真衣さんにお越し頂き、

ママと子のアタッチメント(愛着)フォトをたくさん撮って頂きました。

温かい空気感のまま、お越しいただいたママ同士でのハンドマッサージでさらに

親近感アップ。

この後、午後からのきょうだい心理学講座となりました♪

http://attachment-hiroshima.com/2018/05/06/cliphiroshima20180608babymassage/

http://attachment-hiroshima.com/2018/05/15/babymassage20180608/

http://attachment-hiroshima.com/2018/06/12/kyoudai20180608report/

6月8日きょうだい心理学レポート&アンケート集計結果

熱心にきょうだい心理学に耳を傾ける様子
お子様同席の講座で お子様12名安全に過ごす事ができました。みなさん、ご協力ありがとうございました。(テーブルの上は赤ちゃんではなく人形です!(^^)!)

足元の悪い中、8名のママ(2名様キャンセル)がかけつけてくださいました。

梅雨入りして、雨が降るとお子様連れの外出はしんどい・・・

ですが、本当に行きたい・学びたい場所には人が集う事を実感。

初めての『きょうだい心理学』手応え感じました(*^_^*)

※掲載写真とアンケートはホームページで紹介の許可を頂いております。

アンケート集計結果はこちら↓↓↓

きょうだい心理学講座アンケート結果2018年6月8日実施分

次はあなたのご参加をお待ちしております。

7月9日 胎教体験会~導入編~残席8席です

6月8日の胎教体験会で素敵な出遭いが!ありました。

参加された

妊婦さんと 妊活中の方で自己紹介を兼ねて

体験会開始前に雑談をして頂いてました。

そしたら、なんと!!

同じマンションの住人の方で、ご主人の会社も同じと言う奇遇!(^^)!

でも胎教体験会に来るまでは、出会った事がなかったそうです。

一気に距離が縮まりますよね(*^_^*)

わたしと胎教アドバイザーの杉原も活動を始めた後に

共通の知人(=妊婦さん)がいる事がわかり、さらに親近感と信頼感が増しましたよ。

出遭えなかった出会い、知らなかった情報 何よりも お腹の赤ちゃんを感じて頂きたい。

お申込みお待ちしております。http://attachment-hiroshima.com/2018/06/05/taikyo20180709/

6月8日 資格会員希望4名と面談いたしました

チームメイト募集!に共感頂き 複数の方と面談いたしました。

また早々に企画と会費を持って 遠方から訪ねて来て下さったチームメイト♪

ありがとうございました。

アタッチメント広島支部・・・利益団体ではありません<(_ _)>

なので、当面は満員御礼の会でないと講師代はお支払できない事をご理解頂きたいと思います。

「こんな事をやってみたい!」

「わたしなら そうですか、やってみましょう(*^_^*)」

と貴女の背中を押す事ができます。

ですが、あくまでも そこに 誰かが喜んでくれる♪ 誰かの役に立てる(*^_^*)と

私が感じた場合です。

約20年の営業経験があります。人を見る目はそれなりにあると思ってます。

また、法人のコンサルティング営業をやってましたので、折衝事も得意としています!

はい!それが事務局の わたしの『強み』です!(^^)!

エントリーシートを準備している貴女! 不明点はいつでもお問合せください。

エントリーシートはこちら http://attachment-hiroshima.com/2018/06/02/entrysheet/

※エントリーの前に 当支部主催の体験会のいずれかを受講ください。

その後、エントリーシート持参の上で事務局が資格会員様と面談致します。

企画の詳細(企画案・対象者・募集人数・会費)を打合せ致します。

事務局はチラシの作成・告知・集客のお手伝いをいたします。

キャンセルを想定して[満員御礼]をどの回も目指しておりますので、

講師自身で集客が見込める方がチームメイトとして、望ましいです。

お問合せはお待ちしております↓↓↓

 

妊活中の方への推薦本です。「妊娠体質に変わる食事」

昨日の胎教体験会(導入編)に

妊活中の方が来てくださいました。

妊婦さんと同席の中で、

胎教アドバイザーの杉原は精一杯の妊活アドバイスや個別相談に

対応したいと講座開始前に申しておりました。

妊活中の食事の大切さは私も身に染みて体感しました。

高価な滋養強壮剤や漢方にも頼りましたが、

やはり土台・基礎となるのは日々 口にする食事の内容。

そして、母体が接種した栄養が赤ちゃんの組織を作っていく・・・と思うと

知りたいですね。

薬剤師さんのおすすめ本でもあります。

 

虐待の連鎖をとめろ!

「あそぶって

あほみたいだから ぜったいぜったい やらないから やくそくします」

東京 目黒区で虐待死した 5歳女児が書かされた反省文・・・

この事件、小4の娘から聞いて知りました。

連日テレビのワイドショーやニュースでもこの事件の話題で持ちきり。

先日、薬待ちの薬局で 小学校高学年の男児たちも食い入るように

この報道を見ていました。

娘も含め、こどもたちはこの報道をどのように受け止めているんだろうか?

親や大人を 子供たちは信用し、信頼してくれるだろうか?

そんな事を子供たちの背中を見ながら 私は思いました。

信頼される親、大人にならなくちゃ・・・

そんな事を改めて思った事件です。

虐待の連鎖・・・加害父親にもまた傷ついた脳の記憶があるのでしょう。

だからと言って、殺してはいけない。

船戸 結愛(ゆあ)ちゃん、どうか安らかにお眠りください。

http://attachment-hiroshima.com/2018/05/21/recommendedbooks/

 

 

行ってきました!東京水天宮 お授けお礼参り

http://www.suitengu.or.jp/

出張のたびに夫が子授け神社でお守りを買ってきてくれてました。

そう過去の話です。

毎年毎年、お守りを差し替えて、一時は妊活引退宣言もしました。

覚悟を決めて、色んな事に片を付けて 亡き母の教えのとおり、

「やるならば、本気で取り組んで!」

やっとお礼参りに家族で来る事ができました。

以前の水天宮を知りませんが、改築工事が完了した水天宮は

ここを訪れる人に そっと寄り添ってくださる『気』があるように

わたしは感じましたよ(*^_^*)

東尾理子さんの第一子目の妊活本にも載っていました。なぜか夫もそれを知っていて訪ねる事になりました。
改築前にはなかったそうです。『子宝いぬ』

新企画!申し込み開始 妊婦さんのための出張フットケア体験会

フットケア体験会チラシ(7月9日開催) -

介護福祉士で フットケアセラピスト 吉川 ますみ[資格会員番号04]による

妊婦さんのための出張フットケア体験会です。

わたしのリクエストで先着で産後の方の体験も可能となりました!

吉川さんの本業は介護福祉士。

「介護現場で自分の足元に自信がなくて 見せられないのよ・・・と

言われる方が多い事に気づきました。

老化は足腰からだが、歳を取ってからでは遅い!

若いうちから足を酷使している現代人はもっとそうなのでは!?」

との思いで、フットケアセラピストに資格を活かした活動を始動します!

夏本番前に足元に自信が持てると、何だか軽く・明るくなる♪

限定 8名様です。お急ぎください!

2017年広島県の合計特殊出生率1.56! 全国では1.43(厚生労働省発表)

6月2日(土)日本経済新聞、朝日新聞、中国新聞でも取り上げられていました。

出生数が2年連続で100万人割れは深刻な社会問題ですね。

安部政権は「2025年度末までに出生率1.8」

「2060年に人口1億人程度維持」の目標を掲げているそうです。

「えっ!?そうなの!?」

子育て世代のわたしたちとその子どもにとって、

今まで日本人が経験した事のない社会がやってくるわけですね。

あなたは 「ふ~ん、そうなんだ・・・」と捉えますか?

アラフォーの私が気になった文面は

  • 子どもの8割を産んでいる25~39歳の人口減少が2.5%
  • 第二次ベビーブームの1971~1974年に生まれた「団塊ジュニア」と呼ばれる人口が多い世代(わたしもです)が40歳半ばになり、出産がピークアウトしてきたことも響いている。
  • また学校教育の段階で、女性の出産適齢期への理解を深めさせ、人生設計について考えさせる取り組みも必要。

この3点です。

出産がピークアウトって言う言い回し!?するんですね!?

学校教育の段階に女性の出産適齢期への理解を深めさせると言うのは

学校の先生には難しい、受け取り手の生徒にも理解できるかな!?と思いました。

アタッチメント 広島支部の#胎教体験会 #育児セラピストが活躍できる場かなと

想像しています。

学校教育で押し付けられて、理解を深めさせる事ができる程、

日本の女性はstupidではありません。

大学の教育学部で おじさん教授が

「貴女達は早く子どもを産みなさい!(笑)」と

講義中に言った発言に嫌悪感を覚えたのを今でも記憶しています。

押し付けじゃない活動を

アタッチメント 広島支部だからできる活動を

これからも続けていきます。

http://attachment-hiroshima.com/2018/06/05/taikyo20180709/

http://attachment-hiroshima.com/2018/05/24/blog20180523/